豪雨被害に心からお見舞い申し上げます

先日から続いた大雨と、
その後、連日続く危険なほどの猛暑。


7月に続いた豪雨によりお亡くなりになられた方、
被害にあわれた方に
心よりお見舞い申し上げます


ニュースでそれぞれの方の経緯を詳しく読んだり
土砂崩れ・浸水のあった地域を地図上で詳しく見たりしていると
何か私にも出来ないかと
遠く離れた場所でもウズウズします。

あまりにも酷い被害に
とても胸が痛みます。



被害にあわれた方は、
悲しい気持ちも持ちつつも、
以前の日々を取り戻すため
復旧活動に取りかからざるを得ない状況ですよね。

お気持ち、お察しします。



暑さも続きますので、
どうか、無理をされないようにと、そればかりが気がかりです。


それぞれの、当たり前だった普通の日々が
自然災害によって奪われ
やはり、私たち人間は、
「自然には勝てない」のだと再認識させられますが

それでも、

「あんまりにも酷すぎます」
と、叫びたくなるこの現状。



そして自然災害は、
自然が相手なので、怒りの持って行き場がありません。
「どうして私たちが・・・」と歯がゆい思いのみが残ります。



どうか、1日でも早く心落ち着く日が戻りますように。

落ち着ける環境が戻りますように。


IMG_1537_201807210714004f0.jpg


心から、そう祈っています。



心よりお見舞い申し上げます。

関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top